読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とある個人の健康管理日誌

うつ状態である私の日々の健康状態を淡々と綴っていきます。

3月29日(火)の記録

3月29日(火)

また少し日が空いてしまったが、ちょっと書く気になったので書いてみる。まずは前回からの夢の記録から。

  • 2016/03/14 04:49:44 リリースで問題発生。リンクは通るが、実行時にシンボルが見つけられない。結局、clean&buildで対処。
  • 2016/03/22 04:36:54 タガメ、ゲンゴロウ、などがうようよいる水たまりに、タクシーで入っていく。さらに宿泊先のホテルでも、当たり前のようにたくさん居た。

夢の内容はわけわからんけど、4:40 頃に目が覚めていることはわかる。それに最近、熟睡できていないような気がする。朝、時折眠気がつらい。

3月末ということで、いくつかイベントがあった。

  • 会社のキックオフパーティ

結構立派な会場(某有名ホテル)で各部長層のプレゼンを聞くのだが、長時間スライドを見ながら話を聞くというのが結構つらかった。もうメンタル面で回復しているはずなのに、時折調子を崩す。気分が悪くなったが、なんとか我慢して、プレゼン後の懇親会をパスして抜けた。まわりの人たちが楽しそうにわいわいしているのを、気分の悪い状態で我慢しながら参加する理由なんかない。

  • プロジェクトメンバーの送別会

今日(3/29)、こちらは会社の近所の居酒屋にて。自分のプロジェクトメンバーほとんどが参加して、自分もなんとか話し相手になりそうな人の近くに席を確保できたので、わりとやり過ごせたのだが、血圧が高くなってきたようで 21:00 過ぎに一人だけ先に抜けた。なんかこんなんばっかり。睡眠導入剤と抗うつ系の眠気のきつい薬を飲んでいるため、自分は酒は飲めない。自分だけシラフで周りの人はみんな飲んで楽しそう。こんな状況のつらみ、誰にも理解されるはずもないので、とっとと抜けて正解、さみしいけど。

上記2回の会合でわかったのは、やはり根本のところで自分は社会に溶け込むことができていないんだなぁ、ということ。会社の中で偉そうに後輩にいろいろ言ったりしているくせに、飲み会だとしゃべるネタもなくつまらんおっさんに成り下がる。そういう自分が露骨にわかり卑屈になってしまうので、大勢の人が参加する飲み会はいやだ。気心の知れたメンバーだけなら、(血圧の心配はあるが)楽しいものだが。

最近、仕事では障害対応ばっかり集中してやっているが、隔週リリースで前回のリリースタイミングで13件片付けた。次回はそれを上回る件数を片付けたいと思っているが、自分の生産性にはやはり限界がある、とつくづく思う。単純計算したら、自分の単価でパートナーさん2人弱雇える(厳密には少し違うが概ねあってる)ので、パートナーさん2人分の生産性、というか価値を発揮しないと、自分の存在意義がなくなってしまう。まあ現実問題、自分は自分の会社の直営社員であるから、社内のアレコレをフレキシブルに対応できる強みもあって、そう簡単に置き換えがきくとも思っていないが、その「フレキシブル」という数字に現れないものを感じ取って評価してくれるのは、自分の直属上司または自分の所属するチームのリーダーくらいで、それより上の層には響かないんだろうなぁと思っている。この状況、どうやって打破するか(あるいは仕事が先細っていく中で生き残れないか)、なかなか悩ましい。

なんかしらんけど、いつもより書いている文字数がやたら多いが、たぶん心が相当乱れているからなのだと思う。というのも、同じプロジェクト内のとある人物とうまくやっていけていないので、自分だけ取り残された感を最近強く感じているからだ。今日の送別会でさらに強く感じた。ここはどうにか知恵を絞れば改善できるかもしれない。が、気持ちを落ち着けないと、またイライラが爆発して全部ぶっ壊しかねないので、慎重にならないといけないなぁ。

3月もほぼ終盤。よいひとつきであったと振り返ることができるように、最後まであきらめないように頑張ろうと思う。